薄明かりで雰囲気高い逆夜這いプレイ

薄明かりで雰囲気高い逆夜這いプレイ

とあるデリヘルで逆夜這いといった風俗プレイのコースが用意されてたんで、それを使ってみました。普通のヘルスプレイだとまず会話してプレイ始めるタイミング窺って、なんてもんですが、そういうのを気にしないでいいかと思ったからです。即プレイが出来るコースを用意しているところもあるもんですが、どうせならいきなりではなくじっくりと責められたい、なんて思いもあったからです。プレイ開始は洗体後となりました。相手してくれたのは30代の人妻だという人で、年のわりには均整の取れた体をしてました。大きな胸にくびれた腰、そして張りのあるお尻ときたもんですから、充分エロさは高い体つきです。先に風呂場を出て、暗くした部屋で待つという段取りです。後からそこをデリヘル嬢に襲われるというわけです。もぞもぞと体に手を伸ばしてくる感触を受け、次には体を押し付けてくるような感触がありました。手や舌で探られながら全身を責められることに。むこうも興奮するのか息を上げながらそれをしてきますから、こちらも興奮させられました。今度は小さい灯りを点けて、薄暗い中でさらに責められます。それが何だかエロさを感じさせ、余計にたぎってしまいました。上に乗られて背を仰け反らせながらの騎乗位素股も、その様はなんだかエロいものでした。

投稿日:2016年6月24日

その他の体験談を読みたい方は、下記リンクからどうぞ!